RSS | ATOM | SEARCH
8/24 夏休み親子で学ぶAED・救命講習会
8月24日10:00-12:00 アオッサ6階レクリエーションルーム

全国一斉PUSHプロジェクトコラボ
夏休み 親子で学ぶAED・救命講習会


福井市のアオッサにて、福井市市民企画講座「夏休み 親子AED・救命講習会」を弊会の主催で開催し、夏休み最後の日曜日に、親子13組が参加してくださいました。
参加可能年齢を広くしてあるため、お子さんは保育園から中学生まで様々です。

命のバトンでは、2009年に初めて親子向けの講習会を開催して6年目になりました。毎年、たくさんの親子にご参加いただいております。
 当初、小学校低学年の子は2時間もの時間集中できるかな? 難しくないか?と心配もありましたが、毎回、最後まで一生懸命参加してくれています。

 また、お父さんお母さんが「万が一」を想定するのは、あってはならないことですが、子供のことではないでしょうか? それだけに、みなさん真剣に取り組んでいる様子がうかがえます。命について親子で考える機会になったのではないでしょうか。

 講習会では、AEDの使用率の低さ(3.7%)や、AEDを使用された事例の救命率の高さ(41%)をお話しし、心臓突然死とは何か?胸骨圧迫の仕方、AEDの使用法を、子供にも分かりやすく作られたアニメビデオを見ながら一緒に実技を進める方法で進めていきました。

 練習用のマネキンは大人・子供それぞれに一体と、簡易トレーニングキット1組を準備したため、胸骨圧迫の練習も十分取れ、全員が正しい位置で圧せる様になったと思います。
 初めて救命講習を受ける方が大半でしたので、想像以上のハードさに驚かれたことでしょう。とても疲れるからこそ、協力者を集めて欲しいこともお伝えしました。

 後半は子供達と大人を分け、大人と中学生は人工呼吸の練習にうつりました。
突然倒れた成人であれば、心肺蘇生のはじめの段階では胸骨圧迫だけでも非常に効果がありますが、呼吸が原因で心停止となることが多い子供の場合は、血液中の酸素はすでに使い果たされおり、そのため人工呼吸を組み合わせた心肺蘇生法が効果的となります。

 胸骨圧迫と人工呼吸を二人で手分けしてもいいのか?呼吸が大切なら胸骨圧迫との比率はこれでいいのか?などのご質問もいただきました。


 最後は代表の川崎より、今日の技術は自分自身を守るためのものではなく、他人にしてあげる技術。いざとなったら怖いかもしれないけれども、優しさや思いやりで目の前の命のバトンを繋いで欲しいことをお伝えしました。


 今回受講して頂いた皆様には、福井県AED普及啓発協議会発行の修了証をお渡ししました。修了証を受け取られた方はこれから1年間、イベント等でAEDが必要な時に実機を無償でお貸しできますので、ぜひご利用ください。


●ビデオを見ながら実技を進めます。アニメなので子供も集中して見てくれています。


●お母さんと離れても、PUSHの練習!リズミカルな音が聞こえてきます。



●心臓の位置は左?真ん中?
author:inochi-admi2, category:番外編, 22:42
comments(0), trackbacks(0), - -
8/25【市民企画講座】親子AED講習会(全国でpush!プロジェクト)
福井市男女共同参画センターの市民企画講座として、夏休み親子AED講習会をAOSSAにて開催いたしました。
なお、この講習会は全国でpush!プロジェクトコラボイベントです。


親子8組の参加を頂き、和室の落ち着いた雰囲気の中で進めることができました。
子どもの年齢が、下は保育園児、上は中学生と幅がありましたので、どの年代にも分かりやすいように心がけたつもりですが、いかがだったでしょうか?

心臓の位置当てゲームをしたり、 一緒にクイズを仕上げていったり、予定の二時間はあっという間に過ぎてしまいました。







また、親子でも胸骨圧迫の実習には十分な時間をとらせていただき、講習会中に、合わせて10分以上の胸骨圧迫を体験していただきました。


本日ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。
author:inochi-admi2, category:番外編, 19:12
comments(0), trackbacks(0), - -
ご支援をいただきました
10月4日 福井フェニックスライオンズクラブさんから多大なるご支援をいただきました

フォーレスト福井でのチャリティーコンペが行われました
ゴルフ終了後のパーティ会場前でパネルの展示 デモストレーションを行いました













福井フェニックスライオンズクラブさんにはNPO法人設立後 毎年多大なるご支援をいただき深く感謝しております 
まだまだ ボランティアの範囲ではありますが熱い思いをもった仲間たちが活動をするために使わせていただきます
本当にありがとうございました

また 今回 会場で熱心にAEDの使い方や胸骨圧迫のやり方に興味を持たれる方が多く 救命の輪が広まっていることを実感いたしました

特にゴルフ場は広く また 救急車の到着には時間がかかります 
そばにいる人たちが目の前の命をつなげてくれたら 再びの命への可能性が高くなります
いっしょに回った仲間とまたいっしょにゴルフを楽しめるような社会へとお伝えしました

本当にありがとうございました 
author:inochi-admi2, category:番外編, 16:58
comments(0), trackbacks(0), - -
ミーティング
9月30日 ミーティングを行いました



活動で使う映像の確認や授業がスムーズに行うためにどう伝えたらいいか
話し合いました 
author:inochi-admi2, category:番外編, 15:41
comments(0), trackbacks(0), - -
7/29夏休み親子で学ぶAED講習会
7月29日に福井市手寄にあるアオッサにて「夏休み親子で学ぶAED講習会」を開催しました。

夏休み中の子供達とその親で、AEDの使用法と救命法を学んで頂くために企画し、
小学校1年生から中学生まで、約20名の方の参加をいただきました。

もし、心停止になった場合、救急車を待っていては助かる可能性はほとんど無くなるということ、
側に居る人が絶え間ない胸骨圧迫(心臓マッサージ)を実施しなければいけないことをスライドや動画を用いみんなで学習しました。

また、説明の途中でキーワードとなる言葉をプリントに記入していくことで、1枚の学習ノートも完成させました。






講義時間は2時間でしたが、一人一体のマネキンを使用したため、みんな疲れるくらい胸骨圧迫を
練習することができたのではないでしょうか。

後半は、小学生達は学習ノートの答え合わせとAEDトレーナーを用いて復習を、
中学生以上の大人は人工呼吸を組み合わせた心肺蘇生法へと進みました。

大人とは違い、呼吸原性の心停止や、溺水による心停止のリスクの方が大きい小児には、
やはり人工呼吸を組み合わせた方が、救命率はあがります。
(もちろん、やり方が分からない、ためらってしまう様な場合には、胸の真ん中を押すという
ことだけでもしてあげてください)



最後に、「全国でpush」プロジェクトという、大阪ライフサポート協会の提唱する、
3つのpush(胸をpush、AEDのボタンをpush、あなた自身をpush)について説明させていただいた後、
今回参加者にお土産として配布する、胸骨圧迫トレーニングキット「あっぱくん」を用い、
もう一度最後に全員で胸骨圧迫を行って、講習会を終了しました。






なお、今回は参加者の方全員に、AED普及啓発協議会(福井医師会)の修了証を発行いたしました。
author:inochi-admi2, category:番外編, 15:03
comments(0), trackbacks(0), - -