RSS | ATOM | SEARCH
7/29夏休み親子で学ぶAED講習会
7月29日に福井市手寄にあるアオッサにて「夏休み親子で学ぶAED講習会」を開催しました。

夏休み中の子供達とその親で、AEDの使用法と救命法を学んで頂くために企画し、
小学校1年生から中学生まで、約20名の方の参加をいただきました。

もし、心停止になった場合、救急車を待っていては助かる可能性はほとんど無くなるということ、
側に居る人が絶え間ない胸骨圧迫(心臓マッサージ)を実施しなければいけないことをスライドや動画を用いみんなで学習しました。

また、説明の途中でキーワードとなる言葉をプリントに記入していくことで、1枚の学習ノートも完成させました。






講義時間は2時間でしたが、一人一体のマネキンを使用したため、みんな疲れるくらい胸骨圧迫を
練習することができたのではないでしょうか。

後半は、小学生達は学習ノートの答え合わせとAEDトレーナーを用いて復習を、
中学生以上の大人は人工呼吸を組み合わせた心肺蘇生法へと進みました。

大人とは違い、呼吸原性の心停止や、溺水による心停止のリスクの方が大きい小児には、
やはり人工呼吸を組み合わせた方が、救命率はあがります。
(もちろん、やり方が分からない、ためらってしまう様な場合には、胸の真ん中を押すという
ことだけでもしてあげてください)



最後に、「全国でpush」プロジェクトという、大阪ライフサポート協会の提唱する、
3つのpush(胸をpush、AEDのボタンをpush、あなた自身をpush)について説明させていただいた後、
今回参加者にお土産として配布する、胸骨圧迫トレーニングキット「あっぱくん」を用い、
もう一度最後に全員で胸骨圧迫を行って、講習会を終了しました。






なお、今回は参加者の方全員に、AED普及啓発協議会(福井医師会)の修了証を発行いたしました。
author:inochi-admi2, category:番外編, 15:03
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://kousyu.heartlife-fukui.com/trackback/1227919