RSS | ATOM | SEARCH
BLS授業 6/13 順化小学校
福井市内の順化小学校において児童を対象にしたBLS授業を開催いたしました。

参加者は5年、6年合わせて49名と保護者の方が3名参加していただきました。


最初の5限目は、救命方法のアニメをみたあと 学校に設置されているAEDの場所の確認と、
AEDを実際取りに行く時間を計って、思ったよりかかるということを実感してもらいました。

AEDトレーナーを使用してみたい子に、何も言わず、AEDの指示に従ってやってもらいました。
感想は「思ったより簡単!」


先日、見えやすいように新しく作り直したポンプで血液循環をイメージするためのツール「きずな君」を
見てもらい、胸骨圧迫で命をつなぐことのできる理由を理解してもらいました。

児童にも好評で、ポンプを押すために長い列ができました。あ









続く、6時限目は胸骨圧迫の実習です。 

友達が倒れたら、まず大声で人を、仲間をよぶこと。
そこから救命のリレーのスタートが始まることを伝え、そのあと心臓の位置を確認し
二人に一体のマネキンで、しっかり胸骨圧迫を体験してもらいました。

他人の心臓の代わりをすることがいかに大変か実感してもい、そこから自分の命の大切さに気づいてもらえればと思います。


author:inochi-admi2, category:小学校BLS授業, 17:37
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://kousyu.heartlife-fukui.com/trackback/1227939