RSS | ATOM | SEARCH
11/15 円山小学校BLS授業
25.11.15.(金)13:50〜14:50
1時間の時間をいただき、福井市円山小学校にて6年生の計100名にBLS授業を行いました。


この日は私たち以外にも、地域の方が読み聞かせ、防災講習に見えていました。

PTAでお世話になった通い慣れた地元の小学校、
体育館のステージ脇にAEDが吊ってあるのは知っていました。

では、取りに行くのにどのくらい時間がかかるか?
3階の図書室で先生が倒れたという想定で男の子に取りに行ってもらいました。1分17秒かかりました。
校庭からプール学習の時もっと時間がかかるでしょう。時間が経つのはあっという間です。
倒れてなにもしなければ脳が不可逆的な障害を受け始める5分、6分はすぐに来てしまいますね。

希望する児童に初めてAEDを操作してもらいました、「意外と簡単」という感想でした。

心臓はカラダのほぼ真ん中にあり胸骨の下にあること、血液を送るポンプの役割をしてることをきずなくんで体験して胸骨圧迫の実習に入りました。
アンパンマンマーチに合わせ2分30分間連続でしたが、円山小のお友達は元気いっぱい 頼もしくって、「救急車が到着するのに全国平均で8分くらいかかります」と伝えても一人で胸骨圧迫を続けられるという子が何人もいました。
『一人で頑張れるという気持ちは素晴らしいことだと思う。だけど時間が経つと圧す力が弱くならないかな?』きずなくんで圧迫の質が下がることを見てもらいました。
そして引き続き、胸骨圧迫を交代で行う練習をしました。

最後に大勢人を集める声を出す練習もしました。

時間がオーバーしてしまいましたが、わかりやすくてよかったと先生からの感想をいただきホッとしています。

インスト 西川




author:inochi-admi2, category:小学校BLS授業, 23:38
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://kousyu.heartlife-fukui.com/trackback/1227957