RSS | ATOM | SEARCH
11/12 木田小学校・豊小学校BLS授業
H.25.11.12の午前に福井市木田小学校において
6年143名、PTA教養委員、保護者、スポーツ少年関係約20名と共にマネキンを3人に1体用意しBLS授業を行いました。


また午後には、福井市豊小学校において
6年115名に二人一体のマネキン使用しBLS授業を行いました。
どちらの学校も、元気いっぱいの生徒さんたちにマネキンの胸を押すことの意味、必要性を伝えました。

BLS授業では、父兄授業参観日や学校開放の教育ウィークの授業として行われることがあります。
そのような場合、人数の少ない学校では(授業とマネキンの数に問題がなければ)保護者も一緒に授業を受けていただくことがあります。

心停止の様な現場においては、大人も子どもも関係なく、もっと言えばお医者さんでもできることはただ一つ、
絶え間ない胸骨圧迫とAEDの使用です。

また、飲み込みの早いお子さんだと、AEDの操作法を父兄に教えることもあります。
難しそうという先入観が大人より少なく、好奇心が旺盛だからでしょうか?

もしもの時に子どもだから【自分たちにできることはない】と思っている考えが
【自分たちにもできることがある】と変わっていく意味は大きいと思います。


木田小学校





豊小学校
author:inochi-admi2, category:小学校BLS授業, 23:39
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://kousyu.heartlife-fukui.com/trackback/1227958