RSS | ATOM | SEARCH
7/3(木) 福井市清水南小学校BLS授業
7/3(木)福井市清水南小学校に伺いました。45分授業でしたが、集合が早かったので5分前から始められました
5年生と6年生 36名
一人に一体のマネキン使用

BLSという言葉、
「basic life support」=普段の生活、命を助けてあげること=難しい言葉で一次救命だとと伝え、
私たち「命のバトン」がAEDを通じてみんなに命を見つめ命をつなぐ心を持ってもらいたいと願い活動をしていると挨拶しました。

AEDは、プール学習があるので持ち出されていましたが、全員が学校の設置場所を知っていました。
あることは知っていても使い方は分からないので、DVDでどんなときに使うのかと使い方を見てもらい、代表の子にデモ機を使って貰いました。

そして、胸骨圧迫の練習。
一人一体ですので、たっぷり2分間。救急車の到着まで福井では6分ぐらいだけど、全国では平均8分かかる。一人で頑張れる子⁈ シ〜ン
疲れてもうダメっていう子⁈すぐ全員が手を上げました。
じゃあどうしたらいいかな?と尋ねると「交代すればいい」と大正解❗️
救命は一人では出来ない。すぐに先生に知らせることが大事、そしてお友達同士で救命のチームを作りましょうと伝えました。

最後に、AEDが到着してからの流れを体験して貰いました。
電源を入れーパッドを貼りーコネクターを差し込みー心電図解析ーショックボタンを押す。その後の音声案内が「胸骨圧迫を再開してください。」と流れるとすぐに胸骨圧迫に移れる子供達。吸収が早くてびっくりです。
「今日わかったことを慌てず落ち着いて活用して行きたいです。」代表の子から感想を頂きました。
知っていれば、周りの人に伝えることが出来ます。「胸骨圧迫は胸の真ん中を圧すんやざ」「肘は伸ばして」等々 小学生でも出来ることがあること分かってもらえたでしょうか?

(西川)




author:inochi-admi2, category:小学校BLS授業, 22:18
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://kousyu.heartlife-fukui.com/trackback/1227970