RSS | ATOM | SEARCH
10/29ハーツきっず 出張講習会
10月29日(水曜日) 福井市のハーツきっずさんにおいて普通救命講習会を行いました
ハーツさんでは託児所で一時預かり保育をされています 
対象はその保育士さん17名 

心肺蘇生法 AEDの使い方 気道確保 人口呼吸 乳幼児の心肺蘇生法とAEDの使い方など成人用は一人一体 ジュニアやベビーは4人グループで行いました

まず みなさんにお伝えしたかったことは技術はもちろんですが傷病者を発見し声をかけるまでに心しなければならないこと 私たち一般人は救命を仕事としているのではなくあくまでも善意であること だからこそ自分の身をまもりながら傷病者に近寄るべきであるということ また 意識のある傷病者に対してはきちんと自分は講習会を受け手助けをすることができますがお手伝いしますか?と話しかけることなど だいじょうぶですか?の前に これから行うことにたいしてリスクを少なからず負うことなどを伝えました
リスクを負い いやな思いをするかもしれない でも 私は娘が倒れた現場を思い浮かべたとき どうか 娘をたすけてほしい いまでもそう思います
子どもたちは大きくなるにつれ他人との関わりがおおくなり どんどん離れていきます その子どもたちを 自分の家族をまもるためには目の前にたおれている人にも大切な家族があり どうか 助けてほしいという声なき声をきくだけの心をもってほしいとお伝えしました

自分の身をまもりながら見知らぬ人を助けるなど一人ではなかなかできませんでも そのそばにいる人たちで救命チームをつくり自分にできることを精一杯してほしいと伝えました 
保育士として技術はしっかり身につけなければいけません 保育士という立場は命に対して責任のある仕事です その技術を目の前の子どもたちの安全と安心のためにいつも たえず心しなければならないと思います
命をつなぐ心をもって命のバトンをつないでいってほしいと願いました  



author:inochi-admi2, category:出張講習会, 19:45
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://kousyu.heartlife-fukui.com/trackback/1227984