RSS | ATOM | SEARCH
9/1 明新小学校クラスPTA主催親子AED講習会
9/1 本日は、明新小学校の2年生のあるクラスからのご依頼により救命講習会を行いました。

日曜日にもかかわらず、1クラス親子28組の方がご参加くださいました。
こちらの学級活動は非常にみなさんが熱心で、会場運営から、手作りの命のバトンの紹介ボードなど、準備の手際の良さと、みなさんの素晴らしいチームワークに、驚かされました。





さて、講習対象は2年生という低学年と保護者という組み合わせでしたので、講習会の進め方が難しかったですが、先週の親子AED講習会をベースに、2年生にも「自分の身を守る」「危険からは逃げる」「人を呼ぶ」「お父さんお母さんに知らせる」といったことができること、保護者の方には、心肺蘇生法を実習を中心にできるだけシンプルにお伝えしました。




また、この講習会の最初に、心肺蘇生法とは無関係な胎児のエコーと心音を流しました。
子ども達みんながかけがえのない命であることのメッセージ、そして、その我が子の「命を守もる」と強く思ったご両親の記憶に触れれば、助けたいという救命のスタートラインに立てるのではないかと思ったからです。

決して、上手な進行ではなかったかもしれませんが、父親・母親の立場からのメッセージ性をもった命のバトンの講習会を今後も開催して行きたいと思います。
author:inochi-admi2, category:出張講習会, 20:29
comments(1), trackbacks(0), - -
出張講習会 in 青少年育成福井市民会議あたごブロック
本日は木田公民館において、青少年育成福井市民会議あたごブロックの研修会にお招きいただきました。

参加者は、青少年育成のための活動をされている方々約40名。
最初に、代表の川崎の講演という形で、なぜ一般市民による救命行為が必要なのかをお話させていただきました。



私達の活動の理由を知っていただいてモチベーションが上がった(かな?)ところで、実習の開始です。

講習の最初にいきなり、胸骨圧迫を1分30秒体験です!
救急車が来るまでの8分...とても一人では無理だということもおのずと実感していただけた様です。

お伝えしたメッセージが、もしもに遭遇した時の勇気に変わることを願っております。


author:inochi-admi2, category:出張講習会, 17:55
comments(0), trackbacks(0), - -
出張講習会 in 企業社内研修会
今回は企業様からのご依頼により、会社近くの文寿殿にて講習会を開催させていただきました。

結婚披露宴で使用される赤いカーペット敷きの綺麗な会場ですkyu

参加者は30名。マネキン15体を持参し、2時間コースを開催しました、

スタッフの自己紹介と挨拶後、突然の時にどうしたらいいか?
まず声かけし、大きな声で人をよび、119要請してAEDをもってきてもらう。
そこから救命のリレーのスタートから開始です。

そのあと 胸骨圧迫 フェイスシールドを使い人工呼吸の練習、回復体位
AEDの使い方と一通りの流れを進めさせていただきました。

最後に、救命の流れをDVDで復習し 仲間の命は仲間が守るということをお伝えし修了書(福井県普及啓発協議会)を発行しました。

ご参加いただいた皆様、お疲れ様でした。

author:inochi-admi2, category:出張講習会, 17:15
comments(0), trackbacks(0), - -
出張講習会 in 常葉幼稚園

福井市の中心部にある常葉幼稚園において保護者のお母様 お父様を対象に「命をつなぐ救命講習会」を行いました
保育参観の1時間をいただき 約80名参加いただきました



園児の保護者の方ということで成人 23体 小児 24体 ベビー 12体 用意しました



はじめに会の説明と講習会にあたりぜひ 命について思う心を持っていただきたいとお話しさせていただきました



DVDにそって まず 胸骨圧迫について説明をご覧いただき実習をおこなっていきました
やはり 救命において胸骨圧迫が一番重要であり なかなか体験することもできないということで
お一人 おひとりにたくさん押してもらいました
1分間 目の前の命をつなぐことの大変さを実感してもらい そこから自分の命がいかにたくさんのエネルギーで
いかされ 支えられていることに気が付いてほしいとお願いしました

次に乳児についての圧迫の仕方です


小さいからだへの命のつなぎ方です ご自分のお子さんを思いながらみなさん一生懸命です



つぎにAEDの使い方です
説明なしに使っていただきました





操作はボタンを押すだけの簡単なものであるのですがやはり 注意点をしっかりおぼえていただきました




CPRの要点をおぼえていただき 救命の流れを行いました
大きな声で人をよび 救命チームをつくり 目の前の命を助けていく 
目の前の命は見も知らない赤の他人でも その方にも必ず家族がいて 大切に思う人がいる
その聞こえない声を聴く心をもっていただくことで必ず 安心して いってらっしゃいといえる社会ができる
そういう世の中を子供たちのためにもつくっていってほしいとお願いしました

雪の舞い散る寒い一日でしたが幼稚園のホールは熱気で包まれ そして お母様 お父様の熱い思いであふれていました 
author:inochi-admi2, category:出張講習会, 15:53
comments(0), trackbacks(0), - -